トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

元教師VS元警察官による「監督として2度目の決勝」を賭けた戦い 元日本代表指揮官エディ―・ジョーンズに軍配が上がるか!?

2019年10月25日 21時17分

イングランドのエディ―・ジョーンズ監督

写真

 ニュージーランド対イングランド(26日、横浜・日産スタジアム)のラグビーW杯準決勝で最も注目されるのが、指揮官同士のつばぜり合いかもしれない。

 イングランドのエディー・ジョーンズ監督(59)=オーストラリア=は日本ではおなじみ。W杯では2003年に豪州の監督として準優勝、07年は南アフリカの技術顧問として優勝、15年は過去7大会で1勝の日本を1大会3勝へ導いた。4度目のW杯で、全て違う国と関わっている異色ぶりだ。一方、NZ出身のスティーブ・ハンセン監督(60)は、03年W杯でウェールズ代表監督として8強。04年からNZ代表アシスタントコーチを務め11年W杯優勝。12年から監督となり、15年W杯で連覇を達成した。

 2人はともに選手としての代表歴はないが、現役選手だった20代からコーチのキャリアを積み、緻密な分析力と洞察力、リーダー育成に定評がある。ジョーンズ監督は教師、ハンセン監督は警察官からコーチに転身。社会経験で培われた洞察力、人間観察力も武器だ。

 過去、W杯の決勝を監督として2度戦った例はいない。この準決勝は初の「監督として2度目の決勝を戦う男」を懸けた戦いでもある。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ