トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

不審者はスパイ!? エディー監督 「心理戦は楽しい」イングランドは“ベスト布陣”でNZ戦へ

2019年10月24日 22時27分

NZ戦に向け、余裕のコメントを連発したイングランドのエディー・ジョーンズ監督

写真

 ラグビーのW杯でイングランドは24日、準決勝のニュージーランド戦(26日・日産スタジアム)の登録メンバー23人を発表し、準々決勝ではSOで先発したファレル主将をCTBに戻し、1次リーグ3試合で先発したフォードがSOに復帰。ベストの布陣が整った。

 前回大会は日本を率いたエディー・ジョーンズ監督は「W杯は忙しいね。毎日会見がある。普通は悪いことをしたら会見しなきゃならないけど私は何も悪くない。ニュージーランドと戦える素晴らしい1週間を過ごしているよ」と語った。

 先日、イングランドの練習場にスパイらしき不審な人物が現れたという話が広まり、この話題に質問が集中。ジョーンズ監督は「(不審者が)ニュージーランドの人だとは言ってないよ」「心理戦は楽しいね」などとジャブを連発。W杯はすべて違うチームを率いて4回目という百戦錬磨ぶりで報道陣をけむに巻き「この試合に向けて2年半準備してきた」と自信をのぞかせた。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ