トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

「姫野がティア1を叩き壊したと聞いたが、本当か」 外国人記者からの質問に笑顔でド直球回答

2019年10月17日 20時8分

南アフリカ戦へ向け、記者会見する姫野=東京都千代田区で

写真

 ラグビー界の常識を打ち破る!ラグビーW杯日本大会でベスト8入りを果たした日本代表のナンバー8姫野は17日、伝統10カ国(ティア1)が強いとされる既成概念について「姫野がたたき壊したと聞いたが、本当か」と外国人記者に問われ、「はい、もちろん!」と笑顔で即答。自信に満ちあふれたド直球回答で、会場を沸かせた。

 中堅国(ティア2)の日本は1次リーグで4連勝し、ティア2がトップ通過するW杯史上初の快挙を成し遂げた。ティア1のアイルランド、スコットランドの連破を振り返り、「すごくいいラグビーをした。自信を持って言える」と姫野。世界に強さを証明したことに手応えをにじませた。

 次は準々決勝の南アフリカ戦(20日・味の素スタジアム)。姫野自身は直接対決の経験はないが、所属するトヨタ自動車の指揮官は南ア出身のジェイク・ホワイト監督。「南アと、ジェイクがやりたいラグビーはすごく似ている。理解している」とニヤリ。次なる強豪国破りも姫野が先導する。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ