トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

日本ラグビー協会・森重隆会長 W杯再招致へ意欲 「20年後くらいにもう一度開催しないと」

2019年10月15日 19時58分

「W杯をまた日本に」と話す森会長

写真

 日本ラグビー協会の森重隆会長は15日、記者団の取材に応じ、日本代表が8強入りしたW杯について「信じられないくらい盛り上がってる。これは、20年後くらいにもう一度開催しないと」と、W杯再招致を目指す意向を明かした。

 同会長は日本代表について「8強入りしたこともすごいけど、それ以上に、試合後のインタビューで(台風の)被災者の方を思いやっていたのがすごい」と、リーチ主将らの勝利後のコメント力を称賛。「試合のなくなった釜石でカナダチームが泥かきのボランティアをしたという話にも感動したし、ラグビーの良さを多くの人に認めてもらえてると思う。日本のラグビーのマーケットが大きいことも実証されたし、20年後くらいに、また日本でW杯をやりたいね。それまで会長を続けてようか」と笑った。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ