トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

ラグビー日本8強 瞬間最高視聴率53.7% 山中がボール蹴りだした場面にお茶の間も大興奮

2019年10月15日 19時44分

スコットランドに勝利して初の8強進出を決め、喜ぶ日本フィフティーン=日産スタジアムで(戸田泰雅撮影)

写真

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、13日夜に日本テレビ系で生中継された日本ースコットランド戦(午後7時半〜午後9時54分)の瞬間最高視聴率は関東地区で53・7%(午後9時41分)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。関東の平均視聴率は39・2%だった。

 関西地区では瞬間最高が関東と同時刻で52・2%、平均は37・2%をマーク。名古屋地区の瞬間最高も同時刻で52・9%を記録し、平均は39・1%だった。

 日本テレビによると、午後21時41分は、ラックから出たボールを山中選手が蹴り出し、日本代表が史上初めて決勝トーナメント進出を決めた時だった。

 また、13日午後7時から放送された「ラグビーワールドカップ2019日本大会 まもなく 日本×スコットランド」も関東地区で15・3%記録した。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ