トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

日本vsスコットランド「ここに注目」(1)田村とレイドロー 正確無比のゴールキック対決

2019年10月12日 20時0分

田村とレイドロー

写真

 ラグビーW杯日本大会1次リーグで日本代表は13日、史上初の決勝トーナメント進出を懸け、日産スタジアムで行われる最終のスコットランド戦に臨む。大一番を控えた12日は、台風19号の影響による強い雨風の中、全31選手が東京都内のグラウンドで最終調整した。練習後は台風の最接近を前に、この日の予定を繰り上げて決戦の地・横浜へ移動した。

 史上初のベスト8進出を狙う日本の天敵として、この男が再び立ちはだかるのか。13日の日本戦で今大会初のゲーム主将を務めるスコットランドのSHレイドローだ。前回W杯で日本が10―45と唯一の敗北を喫した試合も主将として出場し、キックで20得点を稼いだ。接戦必至の今回、日本のSO田村(キヤノン)とのゴールキック対決が勝負のカギを握りそうだ。

  3年前のスコットランド2連戦最終戦の黒星も、レイドローが後半途中に入ってきて逆転された。会計士のような端正な顔立ちを見るたびに、日本のファンは何とも言えない気持ちになる。今大会も右足は健在で、ゴールキック成功率は100%。自陣での反則は即3点献上となりそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ