トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

“ノーサイド・ゲーム”広瀬俊朗さんが祈願した言葉とは… 「日本の最終戦は何とかできるといい」台風の影響心配

2019年10月10日 20時38分

丸の内ラグビー神社で必勝祈願をした(左から)広瀬さん、真壁、山田

写真

 東京都千代田区に設置された「丸の内ラグビー神社」で10日、ラグビー日本代表の必勝祈願祭が行われた。これはファン有志が企画したもので、賛同した2015年W杯日本代表の広瀬俊朗さん(元東芝)、山田章仁(NTTコム)、真壁伸弥(サントリー)が参拝した。

 真壁は「今回のチームはボーナス点をしっかり取ってるのがすごい。前回僕らは勝つので精いっぱいだった。優勝までいけます」と力強いエール。山田は「3連勝は予想していたけど、大会の盛り上がりは予想以上ですね」とニッコリ。

 テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」で俳優としても活躍した広瀬さんは「3連勝はホンマにうれしい。2試合が中止になったのは残念だけど、日本の最終戦は何とかできるといい」と台風の影響を気遣った。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ