トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

サモア圧倒に導いた帝京大V9戦士「自分の仕事を全う」堀江を含め7人出場

2019年10月5日 23時39分

試合後に喜び合う帝京大卒の(右から)坂手、松田、姫野、流

写真

◇5日 W杯ラグビー1次リーグA組 日本38ー19サモア(豊田スタジアム)

 サモア戦には、2009年から17年まで9年連続で大学選手権を制した帝京大OBの7選手が全て出場した。姫野、流、坂手、中村が先発出場し、堀江、松田、ツイが途中出場。後半から出場した堀江は「ミスで相手のリズムになっていたので、しっかりと自分の仕事を全うしようと思った。最後のトライは歓声が大きな力になった」と満足そうだった。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ