トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

松島日本W杯史上最多の通算5トライ!貴重なボーナスポイントをもたらした

2019年10月5日 22時32分

試合終了間際、チーム4本目のトライを決める松島

写真

 ◇5日 W杯ラグビー1次リーグA組 日本38ー19サモア(豊田スタジアム)

 日本がサモアに快勝して開幕3連勝。4トライ以上で得られるボーナスポイント(BP)を含む勝ち点5を加えて勝ち点14とした日本は再びA組の首位に立ち、史上初の1次リーグ突破へ優位な状況となった。

 ラスト。大トリはやはりWTB松島だった。日本代表でW杯単独最多5トライ目は劇的なフィナーレとなった。「スペースは十分あった。自信はあった」。対峙(たいじ)するDFを振り切り、楕円(だえん)を力強く芝生に突き刺す。今大会4本目はランキング1位タイ。3万9695人の観客は期待を裏切らないスピードスターに総立ち、拍手でたたえた。

 ボーナスポイント獲得に必要な4トライ目。ハンターは胸の内の炎を隠しながら虎視眈々(たんたん)と狙っていた。9分前にWTB福岡が2試合連続のトライを奪っていた。闘争心、向上心が一気に点火した。「いい刺激もらえた。『自分も取りたい』とどんどん思えた」。松島のトライ場面。左にいた福岡にパスを出すふりをし、おとりに使った。策は見事にはまった。

 「コミュニケーションを取る。どんどん、内側の選手に情報を伝えたい。そのために分析をしないといけない。それは一人の時でも」

 「快足」と「待ち」だけでは、トライは奪えない。大外で待つWTBは、ピッチを広い視野で捉えられる。手元に持つ情報量は膨大。その中から瞬時に判断、選択して最良の「スペース」を伝え、指示する。裏の司令塔。高度な情報処理、伝達能力がトライを奪う“隠し味”になる。快足だけでは果実は手に入れられない。だから、シャイで声が小さかった松島が「コミュニケーション」を磨いてきた。

 そして、今夏にはサッカーの欧州チャンピオンズリーグの決勝を観戦し、世界最高の舞台で身震いした。いつか自分も―。だから、「トライ王」もちゅうちょなく口にする。ランキング1位タイにも「もっと取ります。それがチームのためになるなら」と口角を上げた。初の8強入りをかけるスコットランド戦。冷徹な“ハンター”の松島が発した言葉はやはり「分析」だった。(占部哲也)

 

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ