トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

ジョセフHC一問一答 「勝つためには最後の5〜10分が重要」

2019年9月27日 紙面から

アイルランド戦のメンバーを発表する日本代表のジョセフHC

写真

 ラグビー日本代表は26日、W杯日本大会で悲願の1次リーグ突破に向けた大一番となる2戦目のアイルランド戦(28日・静岡)の登録メンバー23人を発表した。2戦続けて先発出場するCTB中村亮土(28)=サントリー=は、松島幸太朗(26)=同=が2トライ奪取を宣言したと暴露。予告通りに松島が3トライを奪って快勝した開幕ロシア戦の再現に期待が高まる。リーチ・マイケル主将(30)=東芝=は控えに回り、右ふくらはぎ肉離れから復帰を目指すWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=はメンバーから外れた。

 −アイルランド戦はどんな戦術が必要か

 ジョセフHC「不用意なキックで相手にボールを渡すと、なかなかボールを取り返せない。(キックは)精度を高くしてやらないと。大きなチャレンジになる」

 −リーチ主将を控えに回した理由について

 「試合に勝つためには最後の5〜10分が重要。そのためにはリザーブに経験値の高い、インパクトを与える選手が必要だ」

 −トゥポウをWTBに起用した理由は。慣れないポジションで不安はないか

 「アイルランドはキックで重圧をかけてくるので、体格が大きいWTBが必要だと思った。トゥポウは非常にスキルが高い選手で、全く心配していない」

 −アイルランドのメンバーについて

 「アイルランドは代表全体で世界最強を形成しているチーム。相手の個々にフォーカスは当てていない。あくまで自分たちにフォーカスしている」

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ