トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

リーチ主将は日本の“リーサルウエポン” ジョセフHC「ベンチから出て行ってインパクトを」勝負の残り5分、仕切れ!

2019年9月26日 23時41分

ジョセフHCが日本の“最終兵器”に指名したリーチ主将

写真

 日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は26日、浜松市内で会見し、リーチ主将を控えに回した理由について「ベンチから出て行って、インパクトを与えるプレーを期待している。勝負を決する後半の残り5分は、しっかりとしたリーダーが必要だ」と話した。

 開幕戦のロシア戦はベテランのトンプソン(近鉄)と田中(キヤノン)を控えメンバーに配置した。「2人がチームを落ち着かせたように、経験値の高いリザーブが必要」と強調。リーチの故障や不調には言及しなかった。

 世界ランク2位のアイルランド撃破に「不用意なキックでチャンスを与えたくない」と安易なプレーを戒めた。意図的なキックを起点に攻撃を組み立てられるか。勝敗のカギを握りそうだ。(末松茂永)

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ