トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

リーチが巨人・原監督から泣かせろ!の金言 ラグビーボールの変則始球式も披露

2019年8月29日 20時43分

写真

ラグビーW杯日本代表で、フランカーのリーチ主将とSH田中は29日、巨人―広島(東京ドーム)戦の始球式に登場した。ラグビーボールを持ってマウンドに上がった田中は、振りかぶってからお得意の回転パスで“スローフォーワード”の快投を披露。捕手役のリーチがしっかりとキャッチした。

2人はいずれも3大会連続出場。リーチ主将は巨人の原監督とのやりとりを明かした。「前回大会は(原監督から)『鬼になれ』と言われて役に立った。今回は『ラグビーは人を泣かせるスポーツ』と言ってくれたので、W杯でもその意識を大事にしていきたい。世界で一番小さなチームが、大きな相手と戦う姿に注目してほしい。一試合一試合を勝っていく」と意気込んだ。(末松茂永)

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ