トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

ラグビーW杯日本代表にリーチ、田中ら31人 過去最多15人が外国出身

2019年8月29日 19時39分

日本代表メンバーについて記者会見するジェイミー・ジョセフヘッドコーチ

写真

 日本ラグビー協会は29日、アジア初開催で来月開幕するW杯日本大会に臨む代表31人を発表し、前回2015年大会に続き主将を務めるフランカーのリーチ・マイケル(30)=東芝、SH田中史朗(34)=キヤノン=がいずれも3大会連続で選出された。日本代表の最年長出場記録を持つロックのトンプソン・ルーク(38)=近鉄=は最多に並ぶ4大会連続で代表入り。外国出身で国籍取得、居住などの条件を満たした選手は15人で最多となった。

 初の8強入りを目指す日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)は「選手もスタッフも150%の力を出して、その目標に向かっていきたい」と意気込みを口にした。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ