トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

男子15人制U-20日本代表・福井 上部大会昇格へ「楽しみたい」

2019年7月5日 紙面から

男子U−20日本代表の福井主将(左)と水間監督=日本ラグビー協会で

写真

 アジア初開催のラグビーの祭典、W杯日本大会開幕まであと2カ月半と迫る中、若きラ組男女が一足先に世界にチャレンジだ。開催中の第30回ユニバーシアード夏季大会(イタリア・ナポリ)には、男女の7人制日本代表が出場。注目は、ラクロス女子の元U−22日本代表だった白子未祐(しらこ・みゆう、23)だ。また、9日に開幕する15人制のワールドU−20トロフィー(ブラジル・サンジョゼ)に出場する男子代表からは、東福岡高からトップリーグ、パナソニック入りしたナンバー8の福井翔大(19)を紹介する。 (文=大友信彦)

 世界のひのき舞台を目指し、地球の反対側へ向かったのが、男子15人制のU−20日本代表だ。日本は昨年のU−20世界選手権で最下位となり、下部大会のU−20トロフィーに降格。今年は1年での再昇格を目指す。

 チームの主将を務めるのは、ナンバー8の福井。多数の強豪大学からの勧誘を拒み、東福岡高から直接トップリーグ入りした。

 「周りからは『成長したね』と言われるけど、自分では分からない。体重は10キロちょい増えたけど、パナソニックは周りのレベルが高すぎて、一回一回の練習についていくだけで必死ですから」

 それでも、同年代とともに戦うのは魅力だ。

 「年代別の日本代表はU−20が最後なんですね。中学からずっと対戦した仲間と一緒に戦える最後のチャンス。楽しみたいです」

 A組の日本はブラジル、ウルグアイ、ケニアと対戦。1位になると、大会最終日(21日)に、B組(トンガ、カナダ、香港、ポルトガル)の1位と、U−20世界選手権昇格を懸けて戦う。

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ