トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

15人制女子は豪州とテストマッチ

2019年7月13日 紙面から

自衛隊から初めて日本代表デビューを果たす葛西。武器はダイナミックな走りだ=秩父宮ラグビー場で

写真

 ユニバの7人制に続き、今週世界に挑むのはサクラフィフティーンこと15人制日本女子代表。13日、オーストラリア代表と同国のニューカッスルでテストマッチを行う。

 サクラフィフティーンは2017年8月のW杯アイルランド大会以来の結成で、オーストラリアとは同大会1次リーグで15−29で敗れて以来の再戦。世界ランキングはオーストラリアが7位で、日本は16位だ。

 日本は先発15人のうちFW北野和子(流通経大グレース)、細川恭子(日体大)、SH阿部恵(アルカス熊谷)、WTB葛西杏奈(自衛隊体育学校)ら7人が初キャップ。葛西は14年に活動を始めた自衛隊女子チームで初めての日本代表入りとなる。サクラフィフティーンはフレッシュ布陣で金星を狙う!

写真
 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ