トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

代表新ジャージーは「武士道精神」 ポジション別3種類

2019年7月5日 紙面から

ラグビーW杯日本大会で日本代表が着用する新ジャージーを披露する(左から)ラファエレ、堀江、リーチ、福岡、ファンデルバルト=東京・元赤坂で(岩本旭人撮影)

写真

 9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会で日本代表が着用する新ジャージーが4日、東京都内で発表され、白地に赤いラインの入った日の丸カラーのジャージーがお披露目された。

 「武士道の精神で世界と戦う」との意味を込め「かぶと」をイメージしたデザインを取り入れた。フランカーのリーチ主将は「日本の文化的なデザインが入っているので、チームのカルチャーにつなげたい」と歓迎した。従来通り左胸には桜のエンブレムがあしらわれている。

 前回大会は、スクラム最前列のFW第1列と、それ以外で異なる2種類のカッティングのジャージーを製作したが、今回はFWで2種類(第1列で1種類、ロック&フランカー&ナンバー8のバックファイブで1種類)、バックスの3種類を製作した。第1列用には耐久性とスクラムでの滑りにくさ、バックファイブ用は動きやすさ、バックス用は動きやすさに加え軽さ、つかまれにくさなど、ポジションごとに求められる要素を考慮して素材も変更した。

 担当したカンタベリー社によると「3種類を作るのは世界でも日本だけ」。胸部には滑り止めの樹脂を配し「特にぬれたときにノックオンを減らす効果がある」という。

 モデルを務めたWTB福岡は「僕らには指先がギリギリひっかかるかどうかが生命線。この素材ならつかまれにくいと思う。デザインも日本らしさがあっていい」と話した。27日に開幕するパシフィック・ネーションズカップから着用する。 (大友信彦)

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ