トップ > 中日スポーツ > ラグビー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ラグビー】

ユウキが勇気! 釜石19年目初のトップリーグ撃破

2019年7月14日 紙面から

前半35分、相手タックルを引きずって前進する釜石CTB菅原=秩父宮ラグビー場で(大友信彦撮影)

写真

◇トップリーグカップ 釜石シーウェイブス28−14三菱重工相模原

 ラグビーのトップリーグカップは13日、第4節を行い、下部リーグから出場しているC組の釜石シーウェイブスは秩父宮で三菱重工相模原に28−14(前半21−0)で快勝。19年目で初めてトップリーグ勢を撃破した。

 W杯に備える町にユウキが勇気を届けた。釜石の背番号12、CTB菅原祐輝(24)は両チームの先発30人で最も小柄な身長169センチながら、巨漢相手に低くしつこいタックルを浴びせ続けてノックオンを誘う。攻めては相手タックルを縫って前進し、味方のトライをアシスト。「僕は小さい分、スペースはある。小ささは強みと考えています」と胸を張った。

 故郷は宮城県亘理町。中学卒業式当日に東日本大震災の津波に襲われた。それから8年、仙台育英高を経て同じ被災地の釜石に身を投じた小さな英雄は、快挙の主役となった。 (大友信彦)

 

この記事を印刷する

PR情報


閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ