トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

昨年阪神JFから連勝街道ばく進中のコエミこと小泉恵未アナの京成杯‘’推し馬‘’は?

2020年1月18日 16時33分

写真

 7年半ぶりにレースを再開した姫路競馬で、金曜日「コエミ」が勝利しました。これで園田競馬に続いて2勝目。以前、競馬評論家の古谷剛彦さんに「名付け親に似てるね」と言われた話をしましたが、最後の差し返す時の負けん気の強さは、私以上だと思います。今回、砂のパドックにある手書き掲示板の写真を、古谷さんが送ってくれたの。今までカセットテープや純喫茶のレトロ回帰にはピンとこなかったのに、手書き掲示板の「コエミ」の味わいは素晴らしい。内馬場に新設された洪水時の調節池には人工芝のサッカー場も造られたし、姫路競馬場がさらに地域住民に愛されるものになったらいいな。

 

 さて、阪神JFから途切れていない、人間のコエミの連勝記録はまだまだ伸ばせるかな? 今週は京成杯。主役はゼノヴァースに。デビューから2戦、東京では後方でじっくり構えすぎて勝ちきれなかったけれど、中山では先行で押し切り勝ち。もまれる競馬を知っているのが強みだわ。

 対抗は、母の母はアドマイヤグルーヴ、父の母はシーザリオ、超良血牝馬のスカイグルーヴ。過去10年で牝馬の連対実績はないけれど、デビュー戦の5馬身差を見せつけられちゃうと、買っておきたくなるわ。逃げ粘りの競馬ができる、エリカ賞勝ち馬ヒュッゲと京都2歳S3着のロールオブサンダーも楽しみね。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ