トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

菅原明良騎手は右大腿骨骨折「後続馬に踏まれて…全治2、3カ月」13日の中山で落馬

2020年1月15日 14時8分

菅原明良騎手

写真

 13日の中山競馬2Rで落馬して千葉県船橋市内の病院に入院中の菅原明良騎手(18)=美浦・高木=は右大腿(だいたい)骨の頸部(けいぶ)骨折、腰部及び背部の打撲と診断された。高木師は「後続馬に踏まれたようで全治まで2、3カ月はかかるそうです」と話した。

 デビュー年に31勝を挙げ、さらなる飛躍が期待された菅原騎手だが、思わぬ形で2年目のスタートがつまずいてしまった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ