トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]SGグランプリ&GIクイーンズクライマックス カウントダウンコラム

2019年12月12日 紙面から

◆男子賞金ランク3位・石野貴之

写真

 相思相愛の住之江で石野貴之が最強を証明してみせる。チャレンジCで自身7個目のビッグタイトルを獲得。機パワーを最大限まで引き出して勝つ姿は、最強とうたわれた2016年〜17年をほうふつさせるほどだった。「昨年は1stで敗退してしまったし、自分に何か足りないから優勝ができない。もちろん優勝しか考えていない。住之江ではエンジンの差を目のあたりにしているので、いいエンジンを引きたい」。Wエースと呼ばれる78と88号機にラブコール。そのどちらかを引き当てた瞬間に最強時代の第二幕が開く。

◆女子賞金ランク3位・守屋美穂

写真

 今年は混合GIIを含む5Vと大暴れした守屋美穂。1年間を振り返り、「賞金金額は一番良かったし、勝率に優勝回数とかも全部、今までで一番良かった。今年は私にとっていい1年でした」と充実した表情で振り返った。今回のQクライマックスの舞台でもある徳山は自身が初優出したプール。「良かったり悪かったりで半々かな。でも、決して悪いイメージはありませんよ」と当然、苦手意識はない。最後の決戦に向けて「いい結果を出して来年の活力にできたらいいですね」。一皮むけた守屋の走りに目が離せない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ