トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[競馬]惜敗続きにピリオドだ 有馬記念で3歳馬ヴェロックスがひと泡吹かせる!!

2019年12月11日 18時58分

川田を背に栗東CWで追い切るヴェロックス

写真

 豪快に動いた。3歳馬ヴェロックスは栗東CWで3頭併せを行い、文句なしの動きを披露した。フローリン(4歳2勝クラス)が勢いよくスタートし、エングレーバー(3歳2勝クラス)の1馬身半後方からヴェロックスの順。4コーナー付近からペースが上がりだし、直線入り口では最内へ。ゴール前でびっしりと追われると、一気に僚馬を引き離し、エングレーバーに4馬身半、フローリンには大差先着を果たした。6F80秒6ー37秒0―11秒8と時計も上々だ。

 猿橋助手は「とてもいい動きでしたね。最後までしっかり伸びていました。8日の日曜日も坂路でいい時計(4F54秒1ー12秒3)を出していますし、この中間も順調に調整できています」と笑顔で話す。クラシック三冠はいずれも惜敗でタイトルには手が届かなかったが、安定した成績は残している。「前走後も疲れはなさそう。今回も頑張ってほしいですね」と上位争いを狙っている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ