トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[競馬]阪神JF ビュイックが絶賛 ウーマンズハート、坂路で力強い動き

2019年12月5日 紙面から

ビュイックを背に栗東坂路で追われるウーマンズハート(右)

写真

 「第71回阪神ジュベナイルF」(GI・8日・阪神・芝1600メートル)の出走予定馬の追い切りが4日、東西トレセンであった。デビュー2連勝のウーマンズハートは、栗東坂路で初コンビのビュイックを背に、シャープな動きを披露した。

 新潟2歳Sの覇者で2戦2勝のウーマンズハートは、新コンビのビュイックを背に栗東坂路でホッコーシェルビー(3歳2勝クラス)と併せ、4F52秒6−38秒7−12秒3で半馬身先着。力強いフットワークで好仕上がりをアピールした。「グッドコンディション、ベリーイージー。非常に乗りやすかったね」。鞍上はファーストコンタクトに好感触を伝えると「前走が追い出してフラフラしたと聞いたけど、まっすぐ走れていた。100%の状態らしいけど、自分も乗ってそう思った。好印象ですね」と笑みを浮かべた。

 動きを見守った西浦師も仕上がりの良さを強調する。「(4F)53〜54秒ぐらいの予定だったけど、ハロー(馬場整地)明けで馬場も良かったから。しまいは余裕を持って上がっていた。先週も併せ馬をしっかりやれているし、状態は申し分ない」と胸を張る。新潟2歳S以来、3カ月半ぶり。成長も感じ取る。「馬体に張りも出ている。前走はフラフラしていたけど、まっすぐ走れていたから。注文? いい結果が出ることが注文だよ」と笑った。

 ビュイックは先週、騎乗機会5連勝を達成するなど、来日して3週間で10勝を挙げている。「阪神はフェアな競馬場。経験値が少ない馬ではないし、左回り、右回りも関係ない。しっかりとしたメンタルを持っている」と手応えをつかむ。無傷の3連勝で女王へ、ウーマンズハートの勢いは止まらない。 (栗東取材班)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ