トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

落馬負傷の浜中俊は多数の骨折が判明 復帰は来春に 29日に手術

2019年11月26日 15時22分

写真

 24日の京阪杯で、騎乗したファンタジストが故障した際に落馬負傷した浜中俊騎手(30)=栗東・フリー=が29日に手術を受けることになった。

 京都市内の病院で診断の結果、左の鎖骨、左右の肩甲骨と肋骨5本、胸椎4、5カ所、左手甲と、多数の骨折が判明。浜中は「手術するのは鎖骨だけで、プレートを入れます。他の骨折したところは自然に治るのを待って、全治は3、4カ月になりそう。来年春をめどに復帰できればと思います」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ