トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[競馬]府中牝馬S スカーレット、13頭ごぼう抜きで重賞初V

2019年10月15日 紙面から

府中牝馬Sを制したスカーレットカラー=東京競馬場で

写真

 「第67回府中牝馬S」(GII・芝1800メートル)は14日、東京競馬場で行われ、4番人気のスカーレットカラーが大外一気の末脚を決めて重賞初勝利を挙げた。1馬身1/4差の2着は9番人気のフロンテアクイーン、さらに半馬身差の3着は2番人気のラッキーライラックだった。ソウルスターリングは出走を取り消した。岩田康誠騎手(45)=栗東・フリー=は同レース2勝目、高橋亮調教師(41)=栗東=は初勝利。

 4番人気のスカーレットカラーが、後方2番手から直線でメンバー最速の上がり3F33秒2の豪脚を発揮して差し切り、うれしい重賞初制覇を決めた。速い流れを想定してレース前から直線勝負と呼んでいた岩田康はしてやったり。

 「自分のリズムを崩さず、じっくり構えました。本当に力をつけているし、距離は延びても大丈夫。GIでもいいパフォーマンスを見せられると思います」と胸を張った。

 2014年CBC賞(トーホウアマポーラ)以来のJRA重賞Vとなった高橋亮師は「届くかどうか心配したけど、いい脚を使ってくれました」とニッコリ。オーナーサイドの意向で天皇賞・秋に登録するが、次走はエリザベス女王杯(GI・11月10日・京都・芝2200メートル)が濃厚だ。充実の秋を迎えた4歳牝馬が、大輪の花を咲かせようとしている。 (東京競馬取材班)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ