トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[競馬]神戸新聞杯 シフルマン、連勝中の勢いで重賞初制覇目指す

2019年9月18日 紙面から

満を持して重賞に初挑戦、ここが試金石の一戦となるシフルマン

写真

 連勝中の新星が、3歳牡馬戦線の勢力図を塗り替えるか−。京橋特別で3勝目を挙げたシフルマンが菊花賞トライアル「第67回神戸新聞杯」(GII・22日・阪神・芝2400メートル)に出走する。春の段階では若葉S(3着)でヴェロックスに完敗の形だったが、一戦ごとに力をつけてきたハービンジャー産駒が、満を持して重賞に初挑戦。試金石の一戦で結果を残し、クラシックラスト1冠取りを目指す。

 勢いに乗るシフルマンが、同世代の強豪に立ち向かう。格上挑戦した3走前の若葉Sは3着。その後はひと息入れ、条件戦を2連勝した。「前走は内でずっと我慢して、間を割るような競馬をしてくれた。あんな器用さもあるんだとびっくりした」とは担当の中川助手だ。以前は馬群に入るとハミ掛かりがよくなり、行きたがる面を見せていたが、精神面の成長を証明した一戦だった。

 前走で2着に負かした4歳馬のハイヒールが、その直後のレースで勝利。続く格上挑戦の小倉日経オープンでも3着に好走したことで、さらに評価は高まった。前走後は放牧でリフレッシュし、帰厩後の動きも申し分ないもの。「乗り手も“いい感じで反応がいい”と言っていますね。先週は外を回していい負荷がかけられました。追い切り後も変わりなくきています」と調整は至極順調だ。

 「以前は坂路でも57秒とかだったんですが、今は54秒くらいで上がってくるようになってきました。まだ緩いですが、成長を感じますね」と目を細める。長所は、「好位で競馬ができて、そこから長く脚が使える」ところ。有力馬が互いを意識し合うような展開になれば、持ち味である積極策からのロングスパートが生きるはずだ。

 「こういう強い相手とやれることはなかなかないと思う。いい経験になれば。ここで見どころのある競馬をしてくれたら、楽しみですね」。春の実績馬を相手に力を試せる一戦。目標である「菊花賞」(GI・10月20日・京都・芝3000メートル)に弾みをつけたい。 (栗東取材班)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ