トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[競馬]札幌記念 父キンカメの弔い戦 クルーガー、勝って再び世界へ

2019年8月14日 紙面から

 サマー2000シリーズ第4戦の「第55回札幌記念」(GII)・18日・札幌・芝2000メートル)はクルーガーにとって、9日に天国へ旅立った父キングカメハメハの弔い戦だ。今春は豪州に遠征して4、2着と好走。前走のクイーンエリザベスS・豪GIでは、最強牝馬ウィンクスを追い詰めた。4カ月ぶりの凱旋レースに向けて態勢は万全。強敵相手でも臆することなく、7歳の古豪が健在ぶりをアピールする。

 札幌競馬場でダート1周半の運動を終えたクルーガー。その黒光りした黒鹿毛の馬体を見つめながら、松井助手が口を開いた。「いかにもキンカメらしい、ムキムキの体をしていますよね。後ろから見て、四角いトモなんかは産駒特有の形ですよ」。操縦性の高さ、距離の融通性。9日に天国へ旅立った、父キングカメハメハの最強遺伝子が確実に受け継がれている。

 今春は豪州に遠征。前走のクイーンエリザベスS・豪GIで2着に奮闘し、その底力を世界に示した。「ドンカスターマイル後に、T・ベリー騎手から“もう少し距離があった方がいい”と進言があって。馬も良くなっていたし、いろいろとかみ合いましたね」。Vには届かなかったが、豪州最強牝馬ウィンクスに0秒2差まで迫る大健闘。7歳を迎えても衰えはなく、実力健在の手応えを得た。

 今回は、4カ月ぶりの帰国初戦。2日に札幌入りしてから追い切り本数は2本のみだが、「入厩当初と比べれば、動きもだいぶキビキビしてきた。体調も見た目もいいですよ」と態勢は整っている様子だ。

 今秋は、既に招待されているコックスプレート・豪GI(10月26日・ムーニーバレー)に参戦することが決まっている。GI馬4頭が名を連ねる今年の強力メンバー相手でも「普段通りの力を出せれば好走してくれると思っています」と仕上げ人は色気をのぞかせる。再び世界へ−。父の名声をさらに高めるべく、北の大地から好発進を決める。 (札幌取材班)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ