トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]桐生、GI・9度目の美酒! 住之江GI「太閤賞」

2019年6月15日 紙面から

 大阪・住之江ボートの開設63周年記念ナイターGI「太閤賞」は14日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、1号艇の桐生順平(32)=埼玉=がインからコンマ11のトップSタイで逃げを決め、2月・関東地区選以来となるGI通算9回目の優勝。賞金1000万円を獲得して、賞金ランキングはレース前の9位から4位に順位を上げた。2着は2Mで野添貴裕を差しさばいた田村隆信、3着には地元の湯川浩司が入った。

 さすがは一昨年のグランプリ覇者。ボート界をリードしている桐生が優勝戦も大いに躍動した。展示同様に進入は枠なりの3対3。インからコンマ11のトップSタイのSを決めると、対戦相手に何もさせない圧勝劇を演じた。「ボートのおかげだと思う。掛かりがすごくて、出足が仕上がっていた。最近はリズムが悪かったので、この優勝はすごくうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

 この優勝で賞金ランキングは4位まで浮上。6年連続でのグランプリ出場が視野に入ってきた。「前回の桐生周年の優勝戦で、ペラの方向性がつかめたのが大きいですね。また年末に住之江に来られるように、これからも精いっぱい頑張りたい」と、次節の多摩川SG・グランドチャンピオン(18〜23日)に弾みをつけ、奮闘することをアピールした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ