トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]福岡オールスター カウントダウン特集【注目選手<2>】

2019年5月20日 紙面から

獲得賞金トップを独走している吉川元浩

写真

 3月の戸田クラシックを圧巻のパフォーマンスで制した吉川元浩が、令和最初のSGウイナーへ照準を合わせる。タイトルを取っても勢いは衰えることなく大村、下関の両GIでも抜群の安定感で予選を突破。特に下関は新エンジンに変わったばかりでパッとしなかった40号機を巧みな調整力で、数字以上の足に変貌させた。そして、4月の宮島マスターズCでは当然のようにオール3連対でファイナルに進出(準V)。地元尼崎のGW開催でも力の違いを見せつけて今年3度目の優勝。獲得賞金は早くも5千万円を超えてトップを独走している。

 舞台となる福岡は、昨年の周年記念で5コースからまくり差して優勝したレースが記憶に新しいが、07年の当地グランプリで初めてのSG制覇を成し遂げた思い出の水面でもある。17年1月からここまでの約2年半の当地成績を見ても、32走して1着15回、2連対率は70%を超えて、参加メンバーのなかでもトップ3に入る高アベレージ。さらに6着が一度もないことを見ても相性いい水面なのは言うまでもない。年齢を重ねても勝利を渇望する気迫は誰にも負けない。初のSG連覇へ、歯を食いしばり駆け上がる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ