トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]福岡オールスター カウントダウン特集【注目選手<1>】

2019年5月19日 紙面から

直近4節連続ファイナル出場で舟券に絡んだ瓜生正義

写真

 福岡支部12人の総大将として瓜生正義が本来いるべき場所に帰ってきた。F渦に苦しみ、出走回数不足で2018年前期は屈辱のA2級降格。ビッグレースの出場が減り2017年5月・宮島周年以来、記念レースの優勝からも遠ざかった。しかし、今年3月の津周年ではオール3連対を継続し準優、優勝戦もインから堂々押し切る圧巻の走り。久々のGIタイトルを手中に収め、復活の足がかりをつかんだ。

 本番が近づくにつれてリズムも急上昇。4月のとこなめ周年から直前の津周年まで4節連続で6強入り。優勝こそ手が届かなかったが、ファイナルは全て舟券に絡む抜群の安定感。万全の態勢で大一番を迎えられそうだ。

 決戦の地となる福岡は、選手によって得手不得手がはっきり分かれる難水面だがオールスター(09年)、メモリアル(11年)、ダービー(16年)を制した地元のビッグでは無類の強さを誇る。今年も当地の正月、GW開催できっちり優出。うねりや潮の流れ、S勘など走り慣れた水面の攻略法は体に染み付いている。今年最初のSG舞台。地元の声援を力に変えて瓜生が再び頂点へと歩み出す。 

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ