トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[競馬]桜花賞 シェーン最内1から平成最後のユタカマジックだ

2019年4月6日 紙面から

 チューリップ賞5着からの巻き返しを期すシェーングランツは5日朝、美浦坂路を4F66秒2−16秒5でゆったりと駆け上がった。青鹿毛の馬体は引き締まり、躍動感が伝わってくる。トライアルを使われたことで、確実に上昇カーブを描いているとみて間違いない。藤沢和師も「順調です。明日(6日)は輸送があるからね。軽めにやったよ」と納得のいく仕上がりに目を細める。

 半姉に2017年オークスを制したソウルスターリングを持つ良血。あふれるファイティングスピリットを前面に出していた姉とは違って、妹はやや穏やかなタイプ。それでも昨秋のアルテミスSでは後方から上がり3F33秒8の末脚を繰り出し、鮮やかな差し切り勝ちで重賞初V。ビーチサンバ、エールヴォアをかわしたあの豪脚は、潜在能力の高さを感じさせるものだった。

 それだけに前走のパフォーマンスが物足りなく映るのも確か。師は「ポンと出てしまって、そこから下げたらリズムがおかしくなってしまった」と敗因を分析。今回はラスト勝負に徹して、道中は脚をためることに専念する構えだ。最内1枠1番についても「いくら後ろから行く馬でも、外枠からついて行くのは大変。だから、この枠はかえっていいと思う」と歓迎した。

 コンビを組む武豊は平成元年、致命的な出遅れから挽回する“神騎乗”でシャダイカグラを桜の女王にエスコートした。平成最後の桜花賞もユタカ・マジックを繰り出し、姉妹クラシック制覇を演出する。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ