トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神は1週間の活動休止で自宅待機に…「球団のためというより、地域のためにも」と谷本球団副社長

2020年3月26日 16時33分

チーム全体で1週間の活動休止となった阪神の矢野監督

写真

 阪神の藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受けることになり、谷本修球団副社長は26日、チームの活動を1週間休止することを明らかにした。

 「球団のためというより、地域のためにも、まかり間違ってもクラスター爆発しないように慎重な対応をしていきたい」。活動休止の間、チームには自宅待機を徹底させる。選手だけでなく、スタッフも同様。一部職員の決算にかかわる業務だけは継続するという。さらに球団は兵庫県西宮市にある寮「虎風荘」の寮生をホテルで宿泊させる措置を取った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ