トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNAの開幕4番で新主将の佐野が手締め「新しい歴史をつくりましょう」筒香なき打線の新たな核へ

2020年2月26日 22時38分

手締め後、沖縄民謡を踊る佐野(中央)に笑顔を見せるオースティン(左端)らDeNAナイン

写真

 DeNAは26日、沖縄・宜野湾でのキャンプを打ち上げた。今季から主将を務める佐野が手締めを任されると、グラウンドにできた輪の中で「新しい歴史をつくりましょう」と宣言。その後、沖縄民謡を踊ってナインを盛り上げた。

 昨季まで打線の主軸を担った筒香が米大リーグのレイズに移籍した中、ラミレス監督からは「開幕は4番でいく」と絶大な信頼を寄せられる。「今の打線だととにかく好機で回ってくることが多い。重圧をはねのける結果を出せるように頑張るだけです」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ