トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

プロ野球オープン戦 残り全試合が無観客試合に 緊急の12球団代表者会議で決定

2020年2月26日 18時26分

ナゴヤドーム

写真

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球も約2週間の「無観客期間」を設けることが決まった。NPBは26日、東京都内で緊急の12球団代表者会議を開き、3月15日までのオープン戦の残り全試合を無観客試合として実施することを決めた。

 スポーツ界にも及んだ新型コロナウイルスの脅威。球界も緊急対応を迫られ、12球団が苦渋の決断に至った。この日は通常の球団代表クラスに加え、球団社長、営業担当者らも可能な限り出席。午後4時から約1時間50分、新型コロナ対策を議論した。

 25日にはサッカーのJリーグが3月15日までに予定されていた公式戦94試合の中止・延期を決め、大相撲も春場所の開催可否を3月1日に協議する予定。プロ野球でも巨人が25日に2月29日と3月1日に東京ドームでのオープン戦を無観客で行うことを発表。この日は多数が集まるイベントについて「大規模な感染リスクがある」とする政府見解も示され、3月中旬までの約2週間は中止や延期、規模縮小を求められていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ