トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人4番岡本「ここ最近で一番充実したキャンプ。ここから球場が変わってきますし、また気持ちも入ると思うので頑張っていきたい」実戦10試合打率4割5分5厘

2020年2月24日 20時56分

5回裏1死一、二塁、岡本が左中間へ2点二塁打を放つ

写真

◇24日オープン戦 巨人●8―9○広島(那覇)

 巨人の岡本和真内野手(23)が存在感を発揮した。3回1死一、三塁から右犠飛を放つと、5回1死一、二塁から中越えの適時2点二塁打。ここまで実戦10試合で22打数10安打、打率4割5分5厘と結果を残している。

 若き4番は「ここ最近で一番充実したキャンプでした。ここから球場が変わってきますし、また気持ちも入ると思うので頑張っていきたい」と充実の表情をのぞかせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ