トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「あれでは先発ローテではなく…」巨人・原辰徳監督が無失点左腕にまさかの喝! 高橋優貴のスタミナ不足に”愛のムチ”

2020年2月23日 19時41分

写真

 巨人の原辰徳監督(61)が23日の楽天とのオープン戦(那覇)で2番手で登板した2年目の高橋優貴投手(23)に「喝」を入れた。先発候補の高橋は4イニング、1安打無失点だったが、最後は直球のスピードが130キロ台中盤に落ちるなど体力不足を露呈した。球数は81だった。

 指揮官は「球数が増えると、かなりスピードも落ちるというね。でも初回、2回の球の強さというのはやっぱり見事。あれでは先発ローテではなく、リリーフの方が似合っているのかなと感じました。私のこの言葉を聞いて彼がどれだけ発奮するかですね」とピシャリ。高橋も「まだまだ投げる体力ないなと自分でも感じている。納得いく投球ではない」と悔しそうな表情を浮かべていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ