トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ロッテ・佐々木朗希の脚力 100メートルは10秒3 体力測定で判明、五輪選手並

2020年1月19日 紙面から

順大の測定装置で太ももの筋力を計測するロッテの佐々木朗希投手(ロッテ提供)

写真

 脚力は五輪スプリンター級! ロッテは18日、東京都文京区の順天堂大で16日に実施した新人選手の体力測定結果を公表。注目のドラフト1位右腕、佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=が太ももの筋力で五輪代表を狙える陸上短距離選手と同等の数値を計測した。

 表側の大腿(だいたい)四頭筋と裏側のハムストリングスの収縮を測定して数値化。順大スポーツ健康科学部の窪田敦之准教授は「データに照らし合わせると、100メートルを10秒3程度で走るスプリンターと同等になった」と説明した。

 昨年8月の高校総体の100メートル走の優勝タイムは10秒19で2位は10秒29。本格的に陸上短距離をしていれば、優勝争いできる可能性もあり「身体が成熟していない状況を踏まえると筋力的にもまだまだポテンシャルがある」と指摘した。

 このほか肩関節を使った回転運動の筋力を測定したところ、大リーグ選手に匹敵する数値を記録。旋回する角度が大きい場合、大リーグ選手でも筋力が下がる傾向にあるとされるが、佐々木は逆に数値が高くなったという。窪田准教授は「これこそが高校生の体格、体力で時速160キロ級の直球を投じられる特徴かも」とした。

 佐々木本人は「弱い部分などをしっかりと把握して良いところを伸ばして頑張りたい」とコメント。発展途上の珠玉の肉体は、プロの世界でどこまで進化を遂げていくか−。(鶴田真也)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ