トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「手が痛い…」ロッテ佐々木朗希のキャッチボール相手が身をもって実感 スーパー新人の「球の重さ」

2020年1月17日 18時3分

ロッテ・横山(右)と組んで足腰の強化メニューをこなす佐々木朗

写真

 ロッテの新人合同自主トレが17日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われ、4位入団の横山陸人投手(18)=千葉・専大松戸高=がキャッチボール相手を務めているドラフト1位の佐々木朗希投手のボールの重さに手を焼いた。

 「手が痛い。球の重さを感じた。力のある球が増えているし、ずっしりとしている」。2人の投球距離は当初は塁間が軸だったが、最後は投本間近くまで縮まった。横山は受けたグラブへの衝撃を和らげるよう、あえて音をさせないキャッチの仕方をしたが、「速いっす」と舌を巻いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ