トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ヤクルト4位大西は“ミスターぞろ目”!?「こだわっている」3日連続投球は33球、11月生まれで背番号は44…

2020年1月14日 23時15分

ブルペンで投球するヤクルト・大西

写真

 ヤクルトのドラフト4位・大西広樹投手(22)=大商大=が14日、埼玉・戸田球場で行われた新人合同自主トレで、新人でただ一人3日連続でブルペン入りした。

 大卒投手の調整は本人に任されており「感覚のずれが生じるのがイヤなので、毎日ボールを触っていたい。この時期は捕手を座らせて毎日投げていたので遅いくらい」という。11月生まれで大学時代の背番号は11、プロでも44で「ぞろ目にこだわっている。試合前ブルペンはいつも33球にしている」と、この日も33球投げて第2クールを締めくくった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ