トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

かわいすぎる野球選手も10年目「鍛えられる時に」昨季30試合の日本ハム谷口は動体視力鍛える

2020年1月14日 22時53分

動体視力などを鍛える「ビジョナップ」を手に飛躍を誓う日本ハムの谷口

写真

 日本ハムの谷口雄也外野手(27)が14日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを行い、ビジョントレーニングメガネ「ビジョナップ」をつけティー打撃を行った。

 「目のコンディションを整える」と谷口。ビジョナップはレンズの部分が点滅するサングラスで、物が見えにくい中でのトレーニングで動体視力を鍛える。裸眼の視力が1・5の谷口はメガネとは無縁だが、「スマホを見ていて目のピントが合わないこともある。鍛えられる時に鍛えないと」と、この日の練習の意図を明かした。

 入団当初は「かわいすぎる野球選手」と注目された谷口も昨年の出場は30試合。プロ10年目の今年は勝負の年だ。同じトレーニングはチームメートの近藤や中日・平田も導入。「いいものは取り入れないと…」とレギュラー奪取へ意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ