トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神・島田海吏が好調維持!第2打席に先制タイムリーを放ち5打席連続安打に

2019年12月10日 21時22分

2回2死二、三塁で阪神・島田が右前に2点適時打を放つ

写真

◇10日 2019アジアウインターベースボールリーグ NPBホワイト−CPBL(台湾・台中)

 台湾で開催されている「アジアウインターベースボールリーグ」は8日、NPBホワイトとCPBLの試合が行われ、NPBホワイトの「1番・左翼」でスタメン出場した阪神・島田が左前に適時打を放った。

 点差を2点に広げた直後の2回2死二、三塁だった。コンパクトなスイングで白球をとらえると打球は右前へ転がった。2人の走者を迎え入れる2点適時打となった。

 島田は第1打席でも左前打。8日のKBO戦(台中)の第2打席から5打席連続安打と好調を維持している。

 この試合までの成績は43打数13安打7打点、打率3割2厘。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ