トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA山崎康晃が中学生を前に将来的なメジャー移籍を明言「いつかは行きたいと思う」

2019年12月10日 19時35分

将来的なメジャー移籍を語った山崎康晃

写真

 DeNAの山崎康晃投手(27)が10日、日本サッカー協会が子どもたちの育成を目的に展開する「こころのプロジェクト」で「夢先生」として神奈川県大和市立大和中学校を訪問した。

 4年連続で教壇に立った“ヤスアキ先生”。生徒たちと同様、夢を発表するためのノート「夢ノート」に自ら書き込み今の夢を口にした。「大和中、2年7組、山崎康晃。東京五輪の日本代表になって世界一の守護神になる。ケガをしない」。 さらに大きな夢を話したのは野球部主将から出た質問だった。「メジャーリーグには行かないんですか?」。授業の終盤、特別に設けられた質問コーナー。「メジャーリーグ? う〜ん…。いつかは行きたいと思う。横浜で優勝してからかなぁ」と内に秘めていた本音を吐露。「正直、興味はあります。近いうちではなく、いつかは」と強調した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ