トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

「大好きなパイの実のように積み重ねが大事」 佐々木朗希ら新人7選手がロッテ工場へ

2019年12月10日 15時50分

ロッテ浦和工場を見学したロッテのドラフト1位・佐々木

写真

 ロッテの新人7選手は10日、ロッテ浦和工場で「コアラのマーチ」と「ガーナミルク」の生産ラインを見学した。

 ドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=は工場見学を初体験。「とてもチョコレートのいい香りが漂っていて不思議な感じがしました」と甘美な一時を満喫した。

 また、菓子作りの細かい作業に大勢が携わっていることに感心。自身も「投手として過程を大事にしながら、一つ一つコツコツと取り組んでいく事で、目標とする沢村賞をとれる投手になりたいと思いました」と決意を新たにした。

 今回は大好きな「パイの実」の生産ライン見学は残念ながらお預け。ただ「パイの実が64層から成っていることを聞いてとてもビックリしました。何事も積み重ねが大事だと改めて感じました。自分もプロの世界で一つ一つ積み重ねていきたいと思いました」と実りの多い「社会科見学」となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ