トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神の熊谷が3ラン本塁打 俊足だけじゃない、台湾でパワーも見せた

2019年12月8日 13時57分

2回2死一、二塁で阪神・熊谷は右翼越えに3点本塁打を放ち、ベンチで祝福される

写真

◇8日 アジアウインターベースボールリーグ NPBホワイト−KBO(台湾・台中)

 阪神・熊谷がNPBホワイトの「2番・左翼」でスタメン出場し、会心の一発を放った。

 巨人育成・比嘉の右翼越え2点二塁打と阪神・島田の中前適時打で3点を先制した2回2死一、二塁だった。2ボールから甘く入った速球をはじき返すと打球は右翼フェンスを越えた。同リーグ1号となる3ランでリードをさらに広げた。

 阪神・熊谷はここまで計10試合に出場し28打数7安打5打点。チームトップの5盗塁を決めている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ