トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム近藤が3年契約「首位打者取りたい」 五輪への思いも熱く

2019年12月3日 14時47分

来季から3年契約を結んだ近藤

写真

 日本ハムの近藤健介外野手(26)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、来季からの3年契約を結んだ。

 金額については「想像にお任せします」と明かさなかったが「良い契約ができました。チームの先頭に立ってやっていきたい」とニッコリ。今季は138試合に出場し、打率3割2厘、2本塁打、59打点。出塁率4割2分2厘で最高出塁率のタイトルを獲得した。それでも「今季は最低限の成績。首位打者をとりたい」と野望を語る。

 11月のプレミア12で世界一の原動力にもなり「格別だった。五輪はもっと盛り上がると思う。そういうところでプレーしたい」と侍ジャパンへの思いも口にした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ