トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人・沢村 10年目で自己最高1億5400万円サイン 「先発、中継ぎのこだわりない」

2019年12月3日 14時40分

自己最多1億5400万円で更改した巨人・沢村

写真

 巨人の沢村拓一投手(31)が3日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3250万円アップの年俸1億5400万円で更改した。

 今季は5年ぶりに先発として開幕を迎えたが失敗。シーズン終盤、ショートスターターとしてもう一度先発したが残りは中継ぎに戻り、計43試合に投げて2勝2敗1セーブ、13ホールド、防御率2・61だった。

 プロ10年目で自己最高年俸に「球団からは『優勝に貢献してくれた』という言葉をいただいたけど、僕自身はまだまだ、もっとできたと思う。日本シリーズでは4連敗すると思わなかった、悔しさが一番。ここを倒さないと日本一にはなれないというソフトバンクの強さを肌で感じ、来季への課題になったと思う。先発、中継ぎのこだわりはない。勝ちゲームの一角で投げられるように頑張りたい」と前向きだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ