トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人・高橋が結婚 自分より体幹強い2歳上女性に「支えて」お願いプロポーズ 年俸増&背番12→26に

2019年12月3日 14時12分

900万円増で更改し、結婚を報告した巨人・高橋

写真

 巨人・高橋優貴投手(22)は3日、都内の球団事務所で初めての契約更改交渉を行い、900万円増の2400万円でサイン。さらに背番号が26番に変わり、一般女性との結婚を報告。「球団からは、メジャー挑戦で抜ける山口俊さんの15勝分を埋めてほしいと言われた。来季は2桁勝利を視野に、貯金をつくれるようになりたい。(増額分は)引っ越しや家電など使うことが多いので貯金します」と満面の笑みだった。

 八戸学院大からドラフト1位で入団1年目の今季は、開幕2カード目の4月4日、阪神戦でプロ初先発し初勝利。ローテ入りして18試合に先発し5勝7敗、防御率3・19をマーク。

 背番号は12から26へと変更される。「26は内海さんが付けていたので、左腕エースのイメージが強い。背負わせてもらう責任を感じ、球団の期待に恥じない結果を残したい」と発奮した。

 また、結婚のお相手は千葉県出身で2つ年上の会社員。トレーニング関係の勉強をしていたことで学生時代に知り合い、2年半の交際を実らせ、10月に都内の区役所に婚姻届を提出した。「人のために尽くせるところに引かれた。一目ぼれというより、人間性の部分で尊敬している」という。トレーニングの相談ができて「僕より体幹が強い」というだけに、「僕を支えてください」とプロポーズ。優勝旅行から帰国後に寮から出て新居を構える予定で、公私ともに充実の2年目に向かう。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ