トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNAラミレス監督が筒香の後釜にメジャー33発の新助っ人オースティン指名「守備は外野が適している」

2019年11月16日 23時27分

ラミレス監督

写真

 筒香の後釜だ。DeNAのラミレス監督(45)は16日、新たに獲得したタイラー・オースティン内野手(28)を外野手として起用する構想があることを明かした。映像でメジャー時代のプレーを何度か見たという指揮官は「沖縄に来てみないと分からないところはあるけれど、守備的には外野手が適していると思う」と説明。メジャー通算33発の大砲は一塁が本職だが、チームには今季、連続守備機会無失策のNPB記録を更新したロペスがいる。来季の去就は決まっていないものの残留は濃厚。一方、左翼は筒香がメジャー挑戦に向けポスティングシステムを申請しており、ポスト筒香の最右翼となる。「打力もクリーンアップを打てるだけの能力がある、どう起用していくか決めていきたい」。指揮官は期待を寄せる新助っ人を、来春のキャンプで見極めていく。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ