トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本VS韓国の世界一前哨戦は壮絶な殴り合い 中盤まで点の奪い合いで先発岸は4回6失点

2019年11月16日 21時15分

先制適時打を放った菊池涼

写真

◇16日 「プレミア12」2次ラウンド 日本ー韓国(東京ドーム)

 ともに決勝進出を決めている日本と韓国の対決は、両国の対戦史上に残る“殴り合い”の展開を見せた。「プレミア12」のスーパーラウンド最終戦。1―1で迎えた3回に日本が先頭の坂本勇から丸、鈴木、浅村、吉田と怒濤(どとう)の5連打を含む6安打を集中して6点を奪取した。

 稲葉監督が「明日にどうつなげていくか。スキを見せないで、とにかく全力で戦っていく」と試合前に話していた通り、翌日に控えた真剣勝負を見据えた中でも勝利を目指す猛攻だった。

 しかし、これでは終わらないのが日韓戦。続く4回には韓国の逆襲をモロに受けた。日本の先発岸が6安打の集中砲火を浴びて5点を返され、続く5回からは中日の大野雄が2番手でマウンドに上がった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ