トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

プレミア12の三冠王・鈴木誠也が宿敵韓国戦へ泰然自若「雰囲気が独特になるけど、変わることなくやる」

2019年11月15日 20時35分

頼むぞ鈴木誠也

写真

 プレミア12の打率、本塁打、打点の三冠王(14日現在)に輝く侍ジャパン・鈴木誠也外野手(25)は15日、宿敵・韓国戦を前にしても泰然自若そのものだ。

 「普通にやれることをやる。明日は特に雰囲気が独特になると思うけど、変わることなくやるだけ。来た球打つ。軌道も分からない見ようと思うと、終盤になっちゃう。攻めて後悔しないようにしたい」

 ここまで6試合すべて4番に座り、21打数10安打、打率4割7分6厘、3本塁打、11打点。圧倒的な存在感でチームを引っ張ってきた4番はどっしりと構えていた。この日は全体練習に参加。神宮の屋内練習場で快音を重ねた。

 「結果関係なく自分のスイングを数多くして、その中で結果出なかったら仕方ない。実際良い結果が出ているので変わることなくやりたい」。文句なしの大会MVPの筆頭候補。稲葉監督も「投手に応じてタイミングを変えることができている。対応力が本当に素晴らしい」と全幅の信頼を寄せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ