トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

[侍ジャパン]稲葉ジャパンが惜敗で今大会初黒星…浅村バースデー“猛打賞”も勝利に結びつかず

2019年11月12日 22時37分

6回裏2死一塁、浅村が中越えに適時二塁打を放つ

写真

◇12日 「プレミア12」2次ラウンド 日本3ー4米国(東京ドーム)

 侍ジャパンは3−4で今大会初黒星を喫した。1次ラウンドのプエルトリコ戦で6イニング無失点だった高橋礼は先発して4イニング2失点と先制を許すと、2番手の山岡も1失点と苦しいマウンド。7回には4番手の大野雄がソロを被弾した。

 打線はこの日が29歳の誕生日だった浅村が6回の適時打に始まり、3安打3打点と活躍したが、1点が遠く今大会初黒星で2勝1敗。4位以上の確定はお預けとなった。13日は今大会5連勝のメキシコと東京ドームで対戦、侍ジャパンの先発は今永が予想される。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ